トップイメージ
一般的に任意保険という保険は強制保険の自賠責保険とは別に自賠責保険の範囲内で補いきれない部分の補償を考慮している保険といえます。これは任意の保険の注意点は自賠責保険の上乗せということで役に立つものですので、自賠責保険でまかなえる限度額を超えたときに役立ちます。それから、自賠責保険の中では物的損害に関しては補償対象にならないので、それをまかなう時にはさらに任意保険にも加入するのがいいと思います。現段階で任意保険の保険料を払っているクルマを廃車にする時は、国産車とかドイツ車というようなことは例外なく残っている分が戻ってきます。日本の車を査定に出す場合でも例外ではありません。自賠責保険は通常そのままにしておくのが常識ですが任意保険というものは全員が加入するものではありませんから、解約になります。そして、任意保険を契約解除したあとは、既に 払っている残金が返還されることになります。クルマの売却が成立したと言ってもすぐさま加入している任意保険をキャンセルするという選択肢はリスクが高いです。勿論早く契約解除すればそれだけ還付される保険料は多くなりますが、もしも車店舗が遠くにあって自ら運転していくことになった際は、保険なしで運転をするはめになります。万が一のリスクに備えて絶対もう自分で自動車の運転をしないという状況にするまでは契約のキャンセル手続きはすることのないようにしてください。中古車を手放して、すぐ違う車両を購入するのならば良いでしょうが、長い間車の運転をしないような状況が続き保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない期間がある場合、以前入っていた時の保険の等級が下がるため保険料の額が増えてしまいます。このようなケースは「中断証明書」という書類を出してもらうようにしなければなりません。この「中断証明書」があることで一定期間は解約前の等級を引き継いで加入することが可能です。そして13ヶ月以内であれば発行することができますから仮にすでに車を売られていて、「中断証明書」というものを発行されてもらっていない状況の場合は、保険の提供元や保険代理店に中断証明書を発行していないことを伝えてください。もしあなたがまた自動車を購入して購入したあとで以前持っていた中古車を引き取りに出す場合は契約は片方のみです。任意保険の変更ですから、乗らなければなれない所有車ならば買取までには注意しましょう。さらに任意保険は自動車車両により金額がかなり違ってくるので、車引き取りの時は任意保険の保険料を振り返るタイミングでもあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hokushinryo.com All Rights Reserved.