トップイメージ
クレジットカードを利用していると月々ご利用明細の通知があります。これら明細書を保管しておけばどこで何月何日にどんな物にどれだけ消費したのかに類する詳細内容が一覧表になっているためこれまでの使ったリストを見るにたいへん明快で便利です。これだけで運用するにはなかなか使いにくいと思いますが、手軽な収支記録みたいなものとして見ることもできるため家計管理がもっとやりやすくなるはずです。クレカ利用代金明細の通知があってから通常は2週間程度で決済金額の支払いがされます。つまりこれらのカード利用代金明細を見てみて、あれ?と思うような覚えのない場所例えばもし使ったこともない項目が書かれていたら、コールセンターに連絡して聞けば済むだけなんです。万が一偽造による犯罪をはじめとするありえない利用が発覚したような時でも、クレジットカード利用者に問題がないようなら大抵の事例ではカード会社がそうした正当でない項目をリストからはずしてくれます。今ではこのクレカの利用明細をネットで照会できるサービスが一般的です。普段からいつどのようなサービスを買ったかをモニタしておくようにして不正使用から身を守るのはもちろんおこづかい帳の代わりとなりお金の管理といったこともできてしまいます(パソコン画面で利用履歴を見ることがOKなカードは前の取得ポイントや来月以降の請求額などが確認可能です)。クレジットカードは上記の観点からも大変貴重な手段となっています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hokushinryo.com All Rights Reserved.